◇企画説明◇

2014年から始まった出来立てホヤホヤの企画です♩

「明大生の”物”の循環」と「利益の寄付」を目的としています。

いらなくなった洋服、本、CDなどを明大生から収集し、お昼休みに学内でバザーを開きます!!

売り上げた利益を全額寄付し、世界の学校建設に役立てます。

自分にとってはいらなくなった”物”でも、他の誰かにとっては必要な物で有難い物かもしれませんよ??


 ◎企画代表:宮澤 慶(明治・法・2年)

◇企画代表から一言◇

 バザーdeチャリティーは不要となった物を回収して売り、それを欲しい人が買うことで物の再利用でき、さらにその売り上げを寄付することができる素晴らしい企画だと思います!

また、大学内で物品の販売ができるという珍しい体験ができる企画だと思います!